本文へスキップ

  ヨネ・プロダクションはほぼ半世紀、微小世界を専門に撮影を続けてきた会社です

ヨネ・プロダクションについてCONCEPT

■ 会社方針

肺結核という伝染病が不治の病と恐れられていた時代に、科学映画「ミクロの世界」は顕微鏡下に結核菌と白血球の闘いをとらえて世界を驚かせ、1958年ベ ネチア記録映画祭グランプリほか国内外の映画祭で10以上の最高賞に輝きました。この時の主要スタッフが1967年に小林米作氏を代表取締役としてヨネ・ プロダクションを創立しました。
以来ほぼ半世紀、今日まで独自の生命科学映像のノウハウを蓄積し、特に生体顕微鏡撮影と顕微鏡微速度撮影は世界に誇れる技術を培ってきました。

この技術は、クライアント様の基礎研究における新治験、及び医薬品プロモーション等、様々な映像に役立てさせていただきました。また、このような特殊な映像は今日、TVの医学健康番組でも頻繁に利用されています。 最近ではiPS細胞関連をはじめ、美容や健康に関する基礎医学映像についても需要が多くなっており、ヨネ・プロダクションが今後もはたしていく役割は多大なものがあると認識し、鋭意邁進して参ります。

■ CEOメッセージ

世界中で、かけがえのない命が奪われています。
 自分を傷つけたり、人を、そして地球を傷つける行為が続いています。
  そのような中で、私達は生命の大切さ、美しさを伝えたいと考えています。

生命の不思議さ、精妙さ、そして、可能性に満ちた働き━━、
美しい映像で、多くの人々がそのような事を理解できるようになれば、世界は変わるかもしれません。

そんな大きな大きな夢を持ちながら、
 小さな小さなミクロの世界を覗いています。


                     藤枝 愛優美





■ 撮影システム&実験システム

【撮影用機材】
  HD用カメラ、コマ撮りシステム、各種生物顕微鏡(倒立5台、正立3台)
  (35mm映画撮影機、16mm映画撮影機、微速度/高速度/高感度 各種撮影装置)

【試料作成室】
  クリーンベンチ、炭酸ガスインキュベーター、滅菌装置、純水精製装置、動物飼育室
  観察用実体顕微鏡3台


■ 科学映画と向き合って半世紀、ヨネ・プロダクション フィルモグラフィー

1967年
ヨネ・プロダクション創設
1970年
「アレルギー」  藤沢薬品工業株式会社                    (パドヴァ大学国際科学映画祭ブロンズ牛頭賞)
1971年
「脳と潰瘍」    藤沢薬品工業株式会社                   (1973年ベルリン医学映画祭グランプリほか)
1974年
炎症とライソゾーム」   鳥居薬品株式会社                (第15回科学技術長官賞、国際科学映画協会名誉賞)
1975年
「宇宙で金属をつくる」    科学技術庁                  (第13回日本産業映画奨励賞)
1986年
The BoneU」     帝人株式会社、藤沢薬品工業株式会社          (第28回科学技術長官賞)
1987年
感染症シリーズ  つつが虫病  日本感染症学会               (第29回科学技術庁長官賞)
1987年
Cellar Interaction    参天製薬株式会社                 (第39回国際科学映画協会大会名誉賞)
1989年
赤血球の誕生    キリンビール株式会社、三共株式会社             (第40回国際科学映画協会大会名誉賞)
1994年
AIDS94 塩野義製薬株式会社                       28回アメリカ国際フィルム&ビデオ祭入賞)
1994年
移植免疫とタクロリムス  藤沢薬品工業株式会社                       (第17回国際科学映像週間研究部門最優秀賞)
2002年
Helicobacter pyloriとは  大塚製薬株式会社               (第44回科学技術映像際文部科学大臣賞受賞)               (22回スペイン国際科学映像祭第1位)                 (産業映画ビデオ映像祭奨励賞)
2007年
がんの先端治療  ハイパーサーミアとハイフ 埼玉医科大学         (48回科学技術映像祭文部科学大臣賞)

バナースペース

株式会社ヨネ・プロダクション

〒179-0081
東京都練馬区北町5-17-7 7F

TEL 03-3931-6122
FAX 03-3931-6124
office@yoneproduction.jp